第2戦PRGRレディスカップは鈴木愛が貫禄の圧勝!

開幕第2戦のヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップが高知県の土佐CCで15日から17日までの3日間大会で開催され、最終日68で回った鈴木愛がトータル9アンダーで2位と4打差をつけ終わってみれば圧勝という結果に終わりました。

 

 

首位タイから出た大城さつきペ・ソンウが共に76と崩れてしまい追う鈴木にとっては楽な展開となり今季1勝を挙げました。

最終組全員がオーバーパーというのもなんだかね~、見ててつまらない大会となりました。

ペ・ソンウに関しては新ルール改正に関してグリーン上のボールの処理を間違えて1ペナを受けるミスを犯してしまいました。

この処置を巡っては競技委員が一旦は無罰でのリプレースを認めるなど優勝争いに水を差すお粗末な対応があり、勉強不足が否めないモヤモヤ感が残りました。

試合の進行をスピーディにすることが目的のルール改正ですが、去年から新しいルールブックは目にしていると思うので、選手や関係者特に競技委員をやる立場の方たちは頭に叩き込んでいなくてはいけません、今後はこのようなトラブルが無いように、また新ルールの適用ミスによる失格者など出ないでほしいですね。

初日、5アンダーと好調な滑り出しを見せた葭葉ルミはその後スコアを伸ばせず、せっかくのチャンスを物にできませんでした。

 

葭葉ルミもあれだけの飛距離を持っているのだからもう少しショートゲームを練習したほうがいいんでないかい!本当なら10アンダーくらい出ててもおかしくないと思うよ!

葭葉ルミ頑張れ!

リュウスケ一押しの松田鈴英は初日の出遅れが響いてなんとか1アンダーまで挽回するもベスト10は逃してしまいました。

この大会もうひとり気になった選手がいます、2016年にはステップアップツアーで2勝をあげている小橋絵利子です。

 

 

小橋絵利子はステップアップツアーでも優勝経験がある選手ですがこのところ成績がイマイチでしたが、ステップアップツアーを見ててなかなかいい感じの娘だなという印象を持っていて、今年はツアーで活躍してほしいなと思っている選手です。

初日2オーバーと出遅れ予選通過は無理かなと見ていたのですが2日目頑張ってイーブンまで戻し無事予選通過、最終的には1オーバーの22位でしたが賞金もゲットでき上々の滑り出しができたと思います。

今年はもう少し頑張って上位に顔を出し放送にも映るように期待していますよ。

今回の大会はゴルフネットワークによる「とことん1番ホール」が放映されていて楽しめました、ゴルフネットワークさん「とことん1番ホール」毎回やってほしいな。

     (本文中の画像はGODオンラインを参照しております)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です