残念!エイミー最終日失速 初優勝ならず

国内女子ツアー第6戦「スタジオアリス女子オープン」が兵庫県の花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコースで12日から14日まで開催されました。

今回も新しいヒロインが誕生かと思わせるような活躍を見せてくれた選手がいました。

一人目は昨年のプロテストでトップ合格をしたエイミー・コガです。

エイミーは2日目に3番ホールでのホールインワンをはじめ8つのバーディで65をマークし単独首位に立ちました。
今年レギュラーツアーに本格的に参戦したエイミーですが、初戦のダイキンオーキットレディスで2位タイに入るなど好調な滑り出しを見せていましたので、今大会は絶好の初優勝のチャンスで最終日を迎えたのです。

しかしゴルフってわかんないものですね、昨日あんなに素晴らしいゴルフをしたのに今日は別人のようにボロボロ、1日で12打も違うってあり?

結局最終日は77を叩き優勝はおろか10位まで落ちてしまいました、70で回れば優勝だったのになぁ、う~~んやっぱ実力不足ってことですね。

もう一人のニューヒロインが熊谷かほ選手、なんと彼女今回が初めてレギュラーツアーで予選を通過した大会で、2日目、最終日と堅実なゴルフをして4位タイに食い込みました。

熊谷かほ選手、リュウスケはノーマークでしたがルックス、スタイルともに良く今回の活躍で一気に美人プロゴルファーとしての認知度が高まりました、何を着ても似合いそうな抜群のスタイルは、これから男性ファンが急増しそうな予感がします。

小さい頃はフィギィアスケートを本格的にやったそうで、体の柔軟性とかバランス感覚は優れてそうですので、ゴルフの方も今後期待が持てそうです。

今大会優勝は1打差の2位から出た申ジエが最終日69で回り余裕の逆転勝利、上があれだけ崩れてくれれば申ジエとしては非常に楽な展開だったと思います。

リュウスケ一押しの松田鈴英選手、どうしちゃったの?先週から絶不調ではないですか、予選落ちしてたらテレビに映らないじゃないですか。

松田鈴英ファンとしては、悲しい! 寂しい!
体調整えてまた上位で頑張って、今年は優勝頼みますよ!

同時に開催されたステップアップツアーの「Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament」 (滋賀県琵琶湖CC三上コース)は2打差の単独首位からスタートしたヌック・スカパン(タイ)が辛くも逃げ切り初優勝を飾りました。

1打差の2位には最終ホールの18番で痛恨のダボを叩き初優勝のチャンスを逃した20歳の木下彩が入りましたが、パーセーブなら初優勝という場面でのダブルボギー難易度の高い18番でしたが、本人は悔やんでも悔やみきれない悔しい結末になりました。

木下彩選手これを糧により一層練習をして初優勝目指してください。

この大会、ギャラリーに無料開放されていたのですがステップアップツアーが似しては大勢のギャラリーが詰めかけていました。

無料だからかなと思ってみていたら原因がわかりました、あの藤田光里が出場していたのです。


 (表情が明るい藤田光里、今年は期待できそう)

まだ人気があるのですね大勢のギャラリーが藤田の組についていましたから、そうそうリュウスケの友人にも熱烈な藤田光里ファンがいますもの、リュウスケはどっちかというと妹の美里のほうが好みですけど(笑)

藤田光里といえばレオパレスの所属だったような記憶がありますが、今話題のレオパレスということで大勢の人が詰めかけたのかな?

そんなこたぁないっしょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です