嬉しい!泣けた! タイガー・ウッズがマスターズで逆転優勝!

タイガー・ウッズといえばマスターズ、11年ぶりのメジャー制覇

今朝4:00に目覚ましをセットして起きてすぐTBSをつけました、もちろんマスターズを観るためです。

タイガーは?松山は伸ばしているかな?

あれっ、3サムで回っている・・・

確かタイガーはモリナリとの最終組のはず、なんでフィナウがいるんだろう?

と疑問はあったけど寝ぼけ頭ではそれ以上のことは深く考えずテレビの画像に集中する、モリナリの堅いゴルフを追走するもその差は縮まらず1打差になったり2打差になったり緊迫したプレーが続く。

CMの間に何気なくスマホでYahooを開くと「マスターズ、タイガーV」の見出しが、そのときはタイガーの優勝を期待しているってことかと思っていました。

TV観戦を続けているとテロップが流れました。

悪天候の予想のためスタート時間を繰り上げてプレーをしたため午前3時に試合は終了しています

えっなに?
どういうこと?

しばらく状況が飲み込めませんでした。

冷静になって考えると、これって録画ってことだよね。

じゃぁさっきのYahooの見出し、タイガーVってことは・・・

慌ててスマホを開く、見出しをタップするとタイガー優勝だって!

嬉しい、けど結果がわかって中継を見るのは興奮度が半減する。

でもそれ以上に喜びが勝る、なんか安心して見れるっていうのもいいかも

あとは余裕で観戦しよう。

我らが松山英樹といえば、ショットはキレていて再三バーディチャンスにつけるもパットが決まりません、やっぱり課題はパットです。

松山もコーチを付ける事を考えたほうがいいかもですね、自分自身での修正も限界があるでしょう、願わくはパッティングコーチだけでもいいですから、また松山が優勝する姿を見たいですからね。

日本勢としては前年度の賞金王として特別招待された今平周吾は6オーバーであえなく予選落ち、賞金王が予選を通過できないという日本男子ツアーのレベルを物語っていることが悲しい。

アマチュアで初出場の金谷拓実は粘りのゴルフで予選を通過し3日目には68をマークし最終日はローアマチュア争いを繰り広げる健闘を見せました。

松山の後輩ということで今後体を作って松山のような素晴らしい選手になってもらいたいです、活躍を期待しています。

小平智はPGAツアーで揉まれている経験が生きて、持ち味の粘り強いゴルフで凌いでいました、小平の力量としては4日間プレーできたのだから上出来だと思いますよく頑張っていました。

美保ちゃんも喜んでいるでしょう。

さてさて肝心の優勝争いですがバックナインに入って混沌としてきました、一時は2打差圏内に11人もいて首位も目まぐるしく変わるといった混戦の中タイガーが15番のバーディで単独首位に立ってそのまま逃げ切りました。


(やっぱりタイガーにはガッツポーズが似合うわ)

優勝パットを決めたあとのタイガーの両手を突き上げての雄叫び、それに呼応してギャラリーの大歓声ほとんどのギャラリーがタイガーの勝利を望んでいたのでしょう、18番グリーン回りが揺れるような大歓声でした。

タイガーの優勝を待ち望んでいたのはオーガスタにいる人たちだけじゃない、全米の皆が望んでいたと思う。

あの事件と体の故障でもうタイガーのゴルフ人生は終わったなどと陰口を叩かれ、クラブさえ握れない日々が続くという地獄を味わった男が、昨年見事に復活優勝をし、今季のメジャー1戦目のマスターズで完全復活を遂げました。
何度も何度もガッツポーズをして、家族や仲間との熱い抱擁、もう感動して涙が出てきちゃいました。

いい年をしたおっさんが感動の嬉し涙を流す、タイガーにはゴルフファンだけにとどまらず幅広い層のファンがいます。

カリスマ性という言葉では言い表せない不思議な魅力がタイガーにはあります。

PGAツアーには続々と新しいスターが育ってきていますが、タイガー・ウッズを超えるような選手はもう現れないでしょう。

我々の期待を裏切らず、見事に復活してきたヒーローの姿に世界中の人が勇気づけられたと思います。

Facebookにアップされた優勝シーンの動画を何回も観て、涙腺ウルウル、感動、感動のリュウスケでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です