そりゃないよ、申ジエさん! バックナイン29で大逆転優勝!

名門川奈ホテルゴルフコース富士コース(静岡県伊東市)で行われた「38th フジサンケイレディスクラシック」の最終日、7打差をひっくり返すという申ジエの奇跡的な逆転勝利で幕を閉じました。

先週から好調を維持している吉本ひかるが単独首位でスタートし、初優勝なるかというのが最大の焦点だったはずの最終日だったのだが・・・・


(悔しい!2週連続2位)

重苦しい雰囲気の最終組は序盤から3人共スコアを落とす展開、しかし吉本ひかるは粘りを十分発揮してなんとか耐える。

後半に入った段階では、吉本ひかる、渋野日向子、丹萌乃、松田鈴など初優勝を目指す面々が首位争いを繰り広げるといった、誠に楽しみな流れになっていました。


(大健闘した渋野日向子)

ところがいつの間にかリーダーズボードの上位に申ジエの名前が…..

嫌な予感、5、6、7,えっ観るたびにアンダーが増えていく、そしてなんと8アンダー、今日だけで8アンダーしかもバックナインは29という驚異的なスコア

せっかく新人たちの初優勝が見られると期待していたのに、もしかしてお気に入りの松田鈴英の初優勝が見られると淡い夢を見ていたのに、申ジエさん見事にぶち壊してくれましたね。

申ジエの実力に脱帽って感じですけど、いささか興醒めと思ったのはリュウスケおじさんでしょうか?
小さい体で頑張った吉本ひかるに優勝させてやれよ、とおじさんは思いました。


  (松田鈴英の初優勝はいつかな)

先に8アンダーで上がっていれば、追う立場の者は難しい17番を攻めなければいけません、渋野日向子も吉本ひかるも果敢に攻めたけど結果はダボやボギー、この辺がまだまだ力不足なのかなぁ

この悔しさをバネにもっと練習して力を上げれば必ず優勝できるからね、みんなガンバレ!

今週は嬉しいニュースがあります。

同時期に開催されていたアジアパシフィック女子アマチュア選手権で、安田祐香が2位に8打差をつけるブッチギリの完勝で日本人としては初めての優勝を飾りました。


(プロになってからの活躍が楽しみな安田祐香)

安田祐香はレギュラーツアーでも度々上位に顔を出しているのでご存知のかたも多いと思います、現在は大学1年生ですが在学中のプロ転向もあると思いますので楽しみな選手です。

日本代表のアマチュア選手には他にも西村優菜、古江彩佳、吉田優利など優秀な選手が多く今の黄金世代より期待度が高くプラチナ世代とも呼ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です