黄金世代は撃沈! イ・ミニョンが逃げ切り今季初優勝

こんばんは、リュウスケです。

19日「ほけんの窓口レディース」の最終日が福岡カンツリー倶楽部和白コースで行われ韓国のイ・ミニョンが最終ホールのバーディーで上田桃子申ジエを振り切り4勝目を挙げました。


(今季初優勝のイ・ミニョン)

この大会も初日から首位争いをした金澤志奈、2日目、最終日と伸ばしてきた勝みなみ原英莉花が中盤までは優勝争いを繰り広げ、金澤志奈と原英莉花には初優勝のチャンスが大いにあったのですが、いつものパターンで終盤に失速、終わってみれば上位3人は実力者のベテランでした。


(後半失速の原英莉花)

注目の黄金世代を中心とした若手プロたちは技術的にはかなり高いレベルのものを持っていると思います、しかし肝心のところで伸ばせないというか、なにか足りないと思うのはリュウスケだけかなぁ。

勝みなみは勝ち方を知っていると思うのだけど、バックナインでダボでしょ、原英莉花は最終ホール2オンできる力を持っていながら、ティショットで絶対行っちゃぁいけない左ラフ、あれでオシマイでしょう。


(今一歩の金澤志奈)

金澤志奈ときたら15番でバーディーを獲ってさあ追撃体制ができたと思ったら次のショートで絶対行ってはいけないゾーンの右バンカーに入れてボギー、次もボギーで完全に脱落、一緒に回っていた上田桃子がミスショットでもバンカーに入れない、経験の差かなぁ。

しかし最終ホールは見ごたえがあったよね。

まず上田桃子の3打目ラフからほぼO.Kにつけたのは気持ちだよね、もちろん技術もあるけど、このまま終わってたまるかーって、いやぁすごかった。


(今年は好調 上田桃子)

最終組の申ジエのバーディーパットもすごかった、根性でねじ込んだって感じ、鳥肌モノでした。


(さすがの申ジエ)

こりぁ3人のプレーオフかな?と思って時計を見たら、もう放送時間が・・・・

案の定イ・ミニョンがバーディーを決めて決着。
イ・ミニョンのパット決まるの分かちゃったから、それまでの緊迫感と興奮が一気に冷めてしまいました。

民放のゴルフ中継もう辞めにして欲しい、衛星放送やネットでのライブ中継が本来の姿じゃない、民放はゴルフ中継したいなら生放送しなさいよ。

YahooなどのスポーツニュースでもTV放送中につき結果はお知らせできませんなんて、もうとっくに試合は終わっているのに、これっておかしくない?

そもそもスポーツ中継を録画放送するって事自体がファンを馬鹿にしてると思う、日本のテレビ局は自分たちはおかしいことやっているってことに気づきなさいよ。

今日は怒りモードのリュウスケですが、同じ思いの方は沢山いると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です