原英莉花 ツアー初優勝! プレーオフでペ・ソンウを下す

黄金世代の一人、原英莉花がLPGAツアー初優勝を飾りました。


(待望の初優勝 原英莉花)

静岡県浜松市のグランディ浜名湖ゴルフクラブで行われた「リゾートトラストレディス」の最終日、最終組一つ前の組の原英莉花ペ・ソンウが14アンダーで並びプレーオフへ突入しました。


(プレーオフに向かう原英莉花とペ・ソンウ)

プレーオフ2ホール目の15番ショートで原英莉花がバーディを奪い、念願のツアー初優勝を決めました。

今大会は初日から若手選手が上位を占め、2日目にはアマチュアの古江彩佳が首位に立ち、古江のアマチュア優勝、原の初優勝、河本結渋野日向子の2勝目など若手選手の活躍に期待が大きな展開となりました。


(アマチュアとはおもえない実力派の古江彩佳)

前半戦は最終組の河本結が8番のイーグルで一歩抜け出してこのままの勢いで行きそうな感じはあったのですが、後半で思うようにスコアを伸ばせず、古江と並んで3位タイに終わりました。

気持ちを全面に出して戦うタイプの河本結、後半思い通りにならない自分に対して情けない思いがこみ上げたのでしょう、18番を終えたあとの悔し涙が印象的でした。


(8番ホール イーグルでガッツポーズ)

今の若い選手の多くは淡々と試合に望んでいて、勝てなくても「今日は自分の日でなかった」的な割と冷静な態度を取るように感じられるのですが、やはり戦いなのですから闘志や負けたときには悔しさを出してもいいのではないかと思いますね。

今大会を制した原英莉花河本結と同じように闘志を出して行くタイプなので見ているこちらにも気持ちが伝わって来るし2人共優勝のチャンスを確実にものにしました。

それに比べて何度も優勝争いをしている小祝さくら松田鈴英はあまり感情を表に出さないタイプですが、ここぞという競い合いに負けてしまっているような気がします、冷静なマインド・コントロールは必要ですが闘争心は忘れちゃいけません。

しかし後半の原英莉花とペ・ソンウは素晴らしかったですね、最終日にあれだけスコアを伸ばせるのはスゴイ、特にペ・ソンウの18番のバーディとプレーオフ1ホール目のパーパットは圧巻の気迫でした。


(またしても惜敗ペ・ソンウ)

最終的には原英莉花の闘志が勝り2ホール目のティショットに表れた気がしますが、若い2人の気迫のぶつかり合いは見ている私達もかなり興奮しました。

本当に今のLPGAは面白いです、これからもこのような力のこもった名勝負を見せてください。

ツアー上位の常連の人達だけでなく、若手の中には力のある選手がまだまだいっぱいいるはずです、思わぬ選手がポンと優勝してしまうようなことも有りえます。


(キュートな今綾奈選手と山路晶選手)

我らが松田鈴英選手ですが今大会は初優勝のチャンスでしたが初日74と出遅れて2日目も思うように伸びず万事休す、しかし最終日は見せてくれました、66をマークして15位タイまで上がってきましたけど、こんなんじゃダメだよね。

リュウスケは早く松田選手の優勝が見たいのです、次戦の「ヨネックスレディス」期待してますよ、初日からガンガンいこうぜ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です