LPGAツアー「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」上田桃子 逆転優勝!

好調 上田桃子が逆転で今季2勝目

新潟県湯ネックスCCで行われた「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」の最終日、首位と1打差の3位からスタートした上田桃子が8バーディ1ボギーの65と圧巻のゴルフを見せ2位に6打差をつける通算13アンダーで逆転優勝を飾りました。


(今季2勝目 上田桃子)

2日目首位タイに立った19歳の石井理緒は最終日崩れてトータルイーブンパーまで落ちてしまいました。


(今後の活躍を期待 石井理緒)

1日で12打も違うというのもちょっといただけない気がします、どちらが本当の力量なのかといえば、2日間で7アンダー出したのは事実なので今後はこの良い方の実力を常に出せるよう精進して欲しいですね。

2日目が終わった段階でのリュウスケの予想は、キム・ヒョージュが最終日も68くらいで回ってトータル11アンダーで優勝かなって思っていました。


(理想的スイング キム・ヒョージュ)

キム・ヒョージュは今回初めて見たのですが、全く無駄な力の入っていない靭やかなフォームは、そうそう乱れるようなことは無いだろうなと思いました。

力感が無さすぎて見た目は物足りない感じがしますが、力んで手だけで振っている我々おじさんゴルファーが見習うべきところがいっぱい詰まった理想的なスイングだと思います、日本人選手にはこのようなタイプはいないと思うので、かなり真剣に見ちゃいました。

優勝した上田桃子ですが今年は絶好調ですね、最終日のゴルフはもう王者の風格すら漂うような素晴らしい内容でした。

上田といえば今回で15勝目ですが本来ならあと10勝はしててもいいプレーヤーだと思うのですが、今までは競い合いに弱いというか肝心のところで自滅して優勝を逃すシーンを数々見てきました。
しかし今年は最終日にスコアを伸ばして上位に食い込む試合が多く、2回の優勝のチャンスを確実にものにする勝負強さが際立っています、元々ショットメーカーなのでパットさえ決まってくればこの先も何度も優勝できるでしょう。

上田には6打差つけられましたが2位タイにはベテランの一ノ瀬優希葭葉ルミが入りました、一ノ瀬優希は久々の上位でしたね。


(忘れちゃいけません 一ノ瀬優希)

まだまだ若いものには負けないでベテランの貫禄を見せてやってください。

今大会またまた美形ゴルファー発見しました、それはアマチュアの大田沙羅選手です。
並み居るプロを尻目に堂々7位タイの好成績で3日間を終了しました、もちろんベストアマに輝きました。


(注目のアマチュア 大田沙羅)

大型選手でスタイルが良く顔が小さい8等身美人です、顔もキュートでこれから人気でそうですね、早くプロになって活躍してほしいですね。

プラチナ世代ではリュウスケ一押しの大田沙羅選手でした。

ステップアップツアー「日医工女子オープン」セキ・ユウティン初優勝

キュートな女子プロといえばステップアップツアーの「日医工女子オープン」でセキ・ユウティンが初優勝を飾りました。


(待望の初優勝 セキ・ユウティン)

最終日首位から2打差でスタートしたセキ・ユウティン、前半はずっとガマンのプレーを続け後半13番からの4連続バーディで抜け出し鮮やかな逆転勝利でした。

これまではキュートなルックスで実力より人気先行のセキ・ユウティンでしたが、着実に力をつけてきています、活躍すればテレビへの露出も増えてきてファンの数も増えてくるでしょう。

この大会2日目まで首位の山城奈々ですが、ティショットでドライバーをつかわないマネージメントを徹底していましたが、最終日の雨の中はたしてこのマネージメントが正しかったのか?


(パワフルスイング 山城奈々)

リュウスケの個人的な感想はちょっと疑問が残りました。

確かに堅実な作戦といえばそれまでなのですが、雨の中では距離のロスは否めません。
他の選手がウエッジでグリーンを狙うのに、山城はミドルアイアンしかも目一杯のフルショットに見えるスイング、やはりミスの確率は高くなってくると思う。

あと一番疑問に思ったのは、山城はこのゴルフスタイルでレギュラーツアーも戦えると思っているのかなってこと。

レギュラーツアーには飛ばし屋がゴロゴロいてしかも精度も高い、グリーンが難しいのでできるだけ短いクラブでピンをデッドに狙いバーディを量産しないと優勝はできない。

レギュラーツアーで戦うためのステップアップツアーでしょう、常に上で戦うことを頭においてマネージメントしていかなきゃ、いざ上に上がったとき勝負にならないような気がしてしまうのですよ。

山城奈々にはもっと大きなゴルフをして欲しいな、あれだけ切れの良いアイアンショットは武器になるもんね。

素人のおじさんが好き勝手言って申し訳無いけど、現在レギュラーツアーで活躍している選手はステップアップツアーのときから大きなゴルフをしていたもの、多分これはレギュラーツアーなんだという想定で戦っていたんじゃないかなぁ、リュウスケの目にはそう見えたんだよね。

(本文内使用の画像はLPGA公式サイト及びGDO公式サイトを参照)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です